不登校すぎて勉強の仕方がわからない件

無遅刻無欠勤の小学生表彰など、まったく無関係だった私。小学校高学年で不高校となり、悪くなかった成績も6年生で平均以下になりました。

心配した両親の勧めで、地元の公立中学ではなく僻地の私立中学へ進学したのですが、この学校がまたユニークでいわゆる受験勉強がなかった。

つまり締め切りのために公式や単語を詰め込んで暗記するような勉強法を求められなかったのです。

開放的な校風でしたが、そこでも不登校状態は改善せず、神出鬼没で、担任からは「学校敷地内で姿を見かけたら、とりあえず出席にしておくから、ちょっとずつ顔出して」と言われる有様。

エスカレーター式で高等部へ上がることになったものの、学力は小学校卒行から変わっておらず、これまた心配した母から島流しを言い渡され、海外へ語学留学をすることになりました。ものすごい貧乏なのに、両親は子の留学のために借金をして、当の本人は流刑地へ。

これが小学校を卒業してから、人生で初めて猛烈に勉強をした時期でした。

私が選んだ言語は英語で、イギリス、スコットランド、オーストラリア、アメリカから来た教師たちに教わることとなるのですが、日本で中学英語を学んでいないため、すべてのアルファベットは書けない状態。

特に小文字が。q、p、そしてb、d。筆記体など夢のまた夢です。

もちろん喋れません、聞いてもわかりません、クラス分け面接で何を聞かれているのかなど、もう覚えていません。

地獄です。

しかし、15歳のポテンシャルはなかなか侮れないものがあります。耳が慣れるのが早かった。周りには、英語しかしゃべらない人ばかりが住んでいるわけで、同じクラスに何名か日本人学生はいましたが、日本語で会話をすることは禁じられていたので、基本的に知っている単語を増やさなければ会話もできません(最初のうちはもう英語だか日本語だかわからんくらい混乱しながら影でベソベソ泣いたりしてました)。

当時のテキストはもちろん英語で書かれたもので、イラストが多用され、私のようなズブの日本のガキでもなんとなくイメージができるようになっており、またアジアの多くの国で今もこの出版社のテキストが利用されているそうです。

問題を読むためには、基本的な英語を理解できるようになっていたほうが進みは早かったかもしれませんが、人によると思います。

マンツーマンなり、ネイティヴの英語話者がそばにいるのであれば、このテキストはなかなかいいんじゃないかと思います。英和辞典もひとつ買っておくことをオススメします。

25年前の話です。ただ、このテキストは版を重ねて、今ではCD付きの入門書になっています。未だにAmazonではトップセラーのひとつにランクインしていて、知人から「アジア人はみんな同じ教材で英語勉強するんだなW」と言われるほど、どうやら定番中の定番のようです。

初級者向けがこの赤いやつ。本当に基礎(Essential)です、そしてイラストが微妙!

スコットランド人の先生には、「君はこういう教材のイラスを描く仕事をしたらどうだろう、私はいたって真剣だ、君の絵はこのテキストの何倍も上手だ」と言われていたほどです。

ちなみにわたしはドラえもんを空で描ける、という程度の画力です。

さて内容ですが、とにかく基礎中の基礎なので、問題文がわからなくても、回答例を読めばなんとかなります。わからない単語は辞書で引き、ノートに書き、日常で喋る、聞く、書く、を20回くらいやれば丸々身につきます。

なんたって、しゃべらないと死ぬって環境です、海外ですもの。なんとかなるもんです、生死が関わってくると火事場のクソ力が湧いてくるって本当なんだなって15にして思いました。



中級者向けはこのブルーのバージョン。なかなかやりごたえのある内容でした(当時)。日本で言うところの中学後半から高校前半の英語といった感じでした。

このテキストに加えて、多くの学生はTOEFL受験を控えていたため、それ関連のプリントをやっていましたが、あまり印象にないです。すみません。

他にもいくつかのテキストを使用したと思いますが、思い出したらまたご紹介します。

大学に行かずに大学並みの勉強をするための知恵

国立大の学費が釣り上げられて久しいですが、皆さんはどのように自分のゴールへ向かって学習を進めているでしょうか。

学費ローンは地獄の返済がセットで付いてくる悪しき慣習です。貧困ビジネスと言われて当然ですね。

さて私は某私大の二部学生として入学しましたが、あまりの高額な学費調達のために体を壊し、退学を余儀なくされました。

しかし学びたいものは学びたい。奨学金でさえ返金が要求される日本の高等教育事情のもとでは、貧乏学生に残された道はあまり多くありません。

退学後も所属していた学部の年次シラバスリストを眺めては、いつ戻れるのかとため息ばかりついていました。そしてはたと気づいたのです。

公共の図書館には図書館司書さんが居るではないか!!

司書さんの仕事は、なにも書籍の貸し借り履歴を管理するだけではないのですよね。利用者からの図書に関するあらゆる質問を一手に引き受けて解決してくれる強い味方なのです。ひょっとしたら大学の教授らよりも、あなたの関心分野に属する書籍の情報を持っている可能性だってあります。

例えば私は社会学に興味がありますが、社会学と一言に言ってもその範囲は多岐に渡ります。

必ずと言っていいほど引用されている著名な思想家や研究者の原文を読めなくても、司書さんに聞けばその入門本や要約されたエッセイ集などを探し出してくれるのです。

自分の修学レベルに合わせて、いきなり難しい原本を読もうとして躓いて挫折する必要などないのです。まずは自分にとって心地よい表現で示された書籍から概要を掴み、徐々に語学力をあげたところでオリジナルに興味があれば読めばいい。

ひとりの執筆者にこだわらず、たくさんの人々が書いたそのテーマの関連本を読み解くことで、その理論たテーマがいかに誤解され参考にされ活用されているのかも見えてきます。

一方的にこれが正しいのだと教授らが示すものだけを鵜呑みにしていては、その辺の学士レベルの理解しか得られないでしょう。

ビバ、貧乏。ブラビッシモ、図書館司書。

まずなにをキーワードに書籍探しをしたらよいか分からなければ、私のように希望する学問を提供している大学の学生向けウェブサイトなどで、その科目のシラバスに探りを入れましょう。教授によってシラバスで手を抜くひともいますが、参考文献まで乗せている教授も珍しくありません。また目新しい学術用語などをこれでもかと使ってシラバス作成をしている教授らもいます。新入生に嫌われるタイプですが、そこはもうバンバン参考にしましょう。

図書館の良さは、無料で日本全国に散らばるあらゆる書籍を取り寄せることができるという点です。2週間そこそこで読み込めない小難しい学術書は、まずは図書館で借りて目を通し、必要だと思ったら中古で探せばいい。読みもしないのに、教科書として学校で買わされる学生も多く、そんな学生が大学付近の古本屋で売りさばくので、見つけ出すのは難しいことではないでしょう。

図書館活用術、まずは司書さんから攻め込みましょう。私は片田舎の、その図書館には村上春樹とか町の歴史に関する本がまばらに保管され利用者もいないような僻地に住んでいますが、他県の県立図書館などからじゃかすか取り寄せてもらって、夢のような学習環境を得ています。

そんなケチくさい私ですが、買って良かったと感じる教科書があります。学部生向けの各学問の概要を掴むことができ、また説明しきれないことはコラムとしてさわりを紹介するなど、なかなか憎い構成です。

当然この教科書群だけで大学4年分の学習など見込めませんが、この教科書の中で気になったキーワードは、それこそ図書館で検索をかけ、司書さんと話し込みアイデアを聞き、そのテーマについて自分に読めそうなアプローチをしている著者に出会えれば、より深く学ぶことが可能です。






この教科書シリーズでは、他の科目も網羅しています。
下記のリンクから、シリーズ全てのタイトルを見ることができます。あなたが探している分野の教科書もきっとあるはず。
New Liberal Arts Selection

Book Recommendation for your BREAK TIME !!

そんなわけで、今回は箸休めに最適な書籍を紹介します。

私は社会学専修でしたが、勉強したいのは比較文化学、カルチュラルスタディーズでした。しかし当時私は某私大でそのコースを見つけることができず、他大学でならあるかもしれぬ、いっそ編入しても構わない、と思い検索をかけたところ、東京大学様のみが当時コースを設定しており、こりゃ無理だわ!と独学で進むことを決めたので御座います。

社会学のゼミは進む一方で、カルチュラルスタディーズへの情熱は冷めやらず、芸術学部の授業に潜り込んでは興奮し、マンガ学や映画学などのクラスではモグリのくせに出席しないと心配されるような学生でした。

げにカルチュラルスタディーズは面白かったので御座います。

そんなカルスタの入門本が、いくつか大学生協に並べられていました。思わず手に取り眺め、目次に目を通しただけで購入を決めたのがこの本です。

これはめっけもんでした。2002年発行のこの本は、アマゾンで、ええええ??という低価格で中古が購入できます。

内容は多岐にわたり、社会学の初学者には必須のエレメントが満載です。しかもトピックが面白い。興味を引くような事例を引き合いに、様々な社会学用語を解説していきます。入門本としては最適でした。飽きないですよ。

 そして下記の術語集シリーズは、大学生必携の文庫本です。大学でひとたび勉強を始めると、そのアカデミックな用語群に両頬をぶん殴られ、最初の数ヶ月は、鼻血を流しながら歯を抜かれつつ生理痛を堪えながら10kmのマラソンを課せられたような気分になるものです。

この術語集シリーズは今も傑作として知られており、術語説明のはずがさらに難しい用語で解説されるために、10kmだったのが50kmくらいになる感覚さえ覚えたものです。だがしかし!!ひとつの用語をここまで具体的に解説して、かつまたさらに学習の意欲を掻き立ててくれる用語集もそうないでしょう。

スケープゴート、パトス、パラダイム弁証法、レトリック…一度ならずとも聞いたことがある用語ではないでしょうか。

この本は使えます、いまだに使っています。お勧めいたします。

もう著名な「辞書」は必要ない時代なのか・・・41歳ジェネレーションギャップに悶える

・・・こう思わされたのは、相互語学学習支援アプリ「HelloTalk」で知り合ったオーストラリア人くんとのやり取りでした。

大御所、という単語を高いカネ払って買ったふたつの和英/英和辞典アプリで探していた時のことです。

 

私のアプリでは、トップ検索結果にa doyen/a doyenneと出てきました。オーストラリア人くんは「???ああ、わかった。って、ええええええ??何その辞書??今じゃ大御所はMogulだよ???」

私は厚い信頼をおいていたその辞書が間違った単語を提示してくることがなかなか信じられなかった、と言うか信じたくなかった。

だってこれ、7000円近くしたのに。形から入るタイプだから!馬鹿めが!

 

まさかね、と思いながら、あんなに見下していたGoogle翻訳アプリ(もちろん無料)で調べてみたら、一発でMogulって出てくるじゃないですか。

・・・・・・・。

 

出版社が出している和英辞典の限界を感じました。言葉は生き物。そして辞書の多くは版を変えても出版当時から変わらない内容がある。

 

さてじゃあこの辞書は何年製だろうか、と見てみたら、初版が1984年5月。

何年前ですかねこれ。今から。小学校で不登校になって以来、算数ができません。

ええと。

 

三十路かい!!この辞書、働き盛り!!

 

オーストラリア人くんは、「自分はもう紙ベースの本や辞書は買わないんだよね、ネットで十分」と言いました。

どうすかね、この論。十分ですかね。十分な範囲もあるでしょうね。

 

そんな貴重な英語のリアルを教えてくれる人が見つかるかもしれないHelloTalkアプリの詳細はこのリンク先を御覧ください。

HelloTalk ハロー トーク言語交換 学習

 

他にも有能なフリーアプリでオススメがあります。

詳しくはリンク先を訪れて、ご自身の学びたい言語がカバーされているか確認してみてください。一部課金がほとんどですが、無料で利用できる範囲はなかなか広いですよ。

ja.duolingo.com

Nemo アプリ-iPhone、iPad、Android対応の無料学習アプリ

www.ankiapp.com

 

www.memrise.com

締め切りのない勉強

このブログは、小学校中学校と、欠席気味だったり不登校で、義務教育の基本的学力を身につける事なく、二十代後半で社会人学生として大学に入ったものの精神疾患発症などにより3年生でドロップアウトした私(41歳)の、これから始める勉強の記録です。

 

べてるの家から発信された「当事者研究

双極性障害(躁うつ病)

境界性人格障害をはじめとするパーソナリティ障害

発達障害/運動療育

語学(主に英語)

義務教育範囲の算数

社会学/ネオリベラリズム批判

社会福祉学

政治学

フェミニズム(ベルフックス)

教育学(パウロフレイレ)

精神保健福祉

 

…などに関連することで、学んだことの記録としていきます。

更新は、勉強をした日に行うこととします。

更新頻度は出来るだけ多くしたいですが、締め切りがない勉強というブログタイトルの通り、切羽詰まっていません。つまり環境がダルダルです。

このブログが、同じ分野を学んでいる方との交流の機会となったら幸い。